片づけ

整理収納アドバイザーが考える写真の整理|思い出を楽しむために

スマホが必需品となり、同時に写真は、私たちの生活になくてはならないものになりました。

SNSで手軽に近況を知らせたり、わが子の成長を記録したり、備忘録としてメモ代わりに写真を撮ったりと、さまざまな場面で活用されていると思います。

一方で、そんな写真を管理しきれずに、膨大なデータをこの先どうするか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今日は、写真のデータについて、整理収納方法を考えてみます。

写真がありすぎる

写真撮影

毎日の生活に、写真は欠かせないものとなっているのではないでしょうか。

ランチにいけば美しく盛り付けられた一皿を、仕事場では、ミーティングの議事録づくりのために、ホワイトボードをそのまま撮影したりなんてことは、わたし自身も日常のこととなっています。

仕事の資料として、お客様のお住いの現状の写真をいただくことも多いです。こういったときには、100枚くらいの写真が、あっという間に増えていきます。

気軽にスマホで撮影できる分、写真がありすぎるという結果になっています。

自分のスマホの写真のデータをすべて把握している、という方はおそらくいないのかなと思います。

必要な写真はどのくらいある?

大切な写真

ところが、いざ必要な写真を印刷しようとか、参照しようとかいうときに、必要な写真のデータが見つからないということはありませんか。

写真の一覧をスクロールして、必要なデータを見つけるのは、意外と時間のかかるもの。

膨大なデータがあっても、うまく撮れていないものや、連写機能で撮影したものなど、結局必要な写真は、わずかな場合もありそうですね。

もちろん、お子様の写真や、大切な思い出の写真に関しては、仕事の資料のお話しとは少し変わってくると思います。

あんがい、撮影し損ねたものまで、データを保存したままになっていることも多いですね。

写真を整理しよう

データ整理

いらない写真のデータを消していこう

整理のポイントは、「いるもの」と「いらないもの」を分けるということです。

まずはいらない写真のデータを消していきましょう。

うまく撮れていない、間違って撮ってしまたものなど、いらないデータを消去しましょう。

iPhoneで写真を消す方法

これは、毎晩行うとか、週一で行うとか、自分なりの周期を決めるといいかもしれません。

目的別に仕分けする

明らかに必要のないデータが消去できたら、次は目的別に仕分けしてみましょう。目的の決めた方は様々あるかと思いますが、参考までにいくつかの例を挙げてみました。

被写体別

・自分の写真

・家族の写真

・友人との写真

時系列

・長期で思い出として保存したいもの

・イベントごとなど短期で楽しむもの

イベントごと

その他

・SNS用

・記録用

 

適したメディアに保存する

記憶メディア

目的別に分けたら、データを保存していきます。

保存用のメディアは下記のようなものがあります。それぞれの特徴をまとめてみます。

記憶メディア種類

クラウドサービスを利用する

クラウドサービス

さまざまなメディアがありますが、インターネット上にデータを保存することのできるクラウドサービスは、今後、ますます注目されそうですね。

サービスが終了しなければ、データが消える心配がないところが安心です。また、誰かと写真を楽しむ場合もとっても便利です。

クラウドを利用すれば、特定のグループで写真を共有することや、必要なデータのみをダウンロードすることもできます。

Googleフォト

iCloud

フォトブックを作成する

フォトブック

写真は、本来「思い出」を残すための物。

思い出を楽しむためには、写真を「見る」ことが大事。データをしまい込んでしまっては、もったいないですね。

そんなときに便利なのがフォトブック

アプリで簡単手軽にフォトブックを楽しめるサービスもありますよ!中でも「ノハナ」は、毎月無料でフォトブックが作れます。(送料別途)

ノハナ 毎月一冊無料でフォトブックが作れる

登録もカンタンなので、おすすめです。

ノハナの登録手順

①アプリをダウンロードして、新規登録します。

ノハナ登録方法①

②基本情報と携帯電話番号を入力します。

ノハナ登録手順2

③携帯電話に届く認証コードを入力したら登録完了!写真をアップロードできます。

ノハナ登録手順3

アップロードした写真を共有したり、月一回のサービスでフォトブックにしたりすることができます。

 

思い出は楽しむために

思い出を楽しむ

写真整理は、せっかく撮った写真を、見たい時にすぐに楽しめるように工夫したいですね。

思い出は、楽しむためにあるもの。

整理は、不必要なものを取り除くこと。写真も同じです。自分の写真を把握しきれていないようなら、素敵な思い出がうもれているかもしれません。

ぜひ写真整理に挑戦してみてください。