インテリア|壁について

寝室の壁紙えらび|おすすめの色やアクセントは?驚きの機能も紹介!

一日の疲れを癒やす寝室は、お気に入りの空間にしつらえたいものですね。

そんなときは、壁紙を変えるだけで、お部屋の雰囲気をガラッと変えることができます。

壁紙は、リビングやキッチンなど、パブリックなスペースでは、スタンダードなもの選ぶことが多いかなと思います。

個室となる寝室は、ちょっと個性を出してみてはいかがですか?

今日は、寝室の壁紙選びについてお伝えしていきます。

寝室の壁紙|色の選び方

落ち着いた寝室

寝室は落ち着い印象の壁紙が似合います。まずは壁紙の色選びについてお話ししていきます。

色のトーンを抑える

トーンを抑えた配色

一般に落ち着くというと、どんな色を思い浮かべるでしょうか。茶色やベージュ、グレーといった色が想像できそうですね。

こういった定番の色は、寝室にぴったりなのでおススメです。

 

でも、「わたしはピンクやブルーが好き!」という方もいらっしゃると思います。寝室の壁紙に、ピンクやブルーなどの色は適していないのでしょうか。

実はそんなことはありません。

 

ほらっ!

グレイッシュピンク

ねっ!

ブルーのアクセント壁

 

こんな寝室なら、良い夢を見られそうですね♡

ピングやブルーなどもうまく使うと、落ち着きのある印象に仕上げることができます。

それは色のトーンを抑ええるというテクニック!

色には、トーンという概念があります。

色のトーン

出典:色カラー

この系統図のように、色の明るさ(明度)や鮮やかさ(彩度)を揃えたものが、〇〇トーンというようにグループ化されています。

ですから、ピンクと一口にいっても、そのトーンはさまざまなんですね。

ピンクのトーン

寝室には、明度や彩度を低く落とした、グレイッシュやダークグレイッシュなどがおすすめなトーンです。

グレーを混ぜたものは、最近のトレンドでもあります。いっきにおしゃれな雰囲気になりそうですね。

 

寝室の壁紙|アクセントの選び方

アクセント壁

出典:シンコール

アクセントとは、寝室の4面の壁すべてを同じ配色にせず、1面だけ壁紙を変えることをいいます。

アクセントの色の選び方

アクセントの色の選び方は、2通りあります。

ひとつは、その名のとおり、他の3面の壁と大きくコントラストをとる選び方。

こんな感じや

アクセント壁コントラストを効かせるタイプ

こんな感じ!

アクセント壁ナチュラルテイスト

アクセントとして入れた壁紙で、シックなイメージやかわいらしいイメージなど、お部屋のテイストが決まりますね。

 

もうひとつはあまりコントラストをとらない選び方。

アクセント壁コントラストをあまりとらない アクセント壁コントラストが自然なタイプ

こちらは、さりげなさがポイント。一見、アクセントとは分からないほどですが、その分こだわりを感じられる空間になりそうですね。

アクセントの場所の選び方

アクセントをどの壁に入れるかという場所の選び方にも、次のようないくつかのポイントがあります。

  • 部屋に入ったときに、いちばんに目に付く壁に入れる。
  • 一番大きな壁に入れる。
  • 窓のない壁に入れる。
アクセントの位置

せっかくのアクセントなので、効果が得られる壁面を選びましょう。

窓がある壁に入れる場合は、カーテンやブラインドとのコーディネートも考えておくと失敗がないでしょう。

カーテンと壁紙の配色出典:サンゲツ

番外編としてご紹介。

アクセントは、天井に入れても素敵なんです!

アクセントを天井に入れる

出典:サンゲツ

天井を黒で引き締めて、モダンな空間に。

 

寝室の壁紙|機能の選び方

安眠

最近の壁紙は、さまざまな機能付きのラインナップが増えています。安眠できるような機能が満載です。

寝室の壁紙におすすめなのは、次のような機能付きの壁紙。

  • 消臭(匂いを調節する)
  • 吸放湿性(湿気を調節する)
  • アレルブロック(アレルギー物質をブロックする)
  • 蓄光(消灯後に光を発する)
蓄光壁紙

蓄光壁紙

壁紙にこんなに機能があるってご存知でしたか?

中でも、わたしがいちばん驚いたのはコレ!

なんとファイテン壁紙!

ファイテン壁紙

出典:トキワ

ファイテンといえば、トップアスリートが身に着けていることで有名なアクアチタン。

あの羽生結弦選手もいつも身に着けてます!

このV字型のネックレスが、ファイテン。

ファイテンをつけてる羽生結弦選手

Getty Images

 

このファイテンを壁紙に含浸させたということで、身体をリラックス状態にしてくれるという効果があるそうです。

ファイテン壁紙につつまれた寝室なら、さぞやリラックスして眠れそうですね。安眠間違いなし?!

まとめ

いかがでしたか。

寝室の壁紙選びのポイントを色やアクセント、機能面でご紹介してみました。

ぜひ、寝室の模様替えのさいに参考になさってみてくださいね。

 

最後に、豆知識を一つご紹介しておきます☆

壁紙を選ぶときは、壁紙の見本帳やサンプルを寝かせずに、ぜひ立てて見てください。

壁紙カタログ

これは、壁紙の柄を寝かせて見ると、実際に壁に貼った場合と印象が変わってしまうためです。

実際の壁は、垂直に立っているので、壁紙もそのように見るとイメージの相違が少なくなるというわけですね!

 

ではでは、おやすみなさ~い!