上手な片付けの仕方

引越し後片付かない|片付けのコツはひとつだけ!整理収納の手順公開

引っ越し後の片付け

お引越しお疲れ様でした!

新居での生活!新しいスタートを切るというワクワク感!

同時に、『引っ越し後なかなか片付かない!』という現実にげんなりされていませんか。

「荷物の入った段ボールがなかなか減らない。」

「片付けてるのに、なんだか雑然としている。」

だれでも、新居に引っ越したら、すっきり片付けて生活しよう!と思っていたはず。

今日は、引っ越し後の片付けのコツをお伝えしていきます。

しかもコツはたったのひとつだけ!

面倒なことは、早く終わらせて新居での生活を楽しみましょう♪

 

引越し後、片付かないのはなぜか

引っ越し後の荷物

「引っ越し後、片付かない」というのはなぜなのか。それは片付け方に問題があるかも。

例えば、あなたはこんな片付け方をしていませんか?

とりあえず片付け始めている

片付けが進まない

とりあえず、目に付いたところから片付けを始めていませんか。

思いついたところから片付けていても、中途半場なって、片付けの進度が分からなくなってしまします。

最低限の生活用品は別として、目に付いたものから片付けていると、なかなかゴールに到達できません。

ダンボールの中身を全部出していない

段ボールを開ける

段ボールの中身を全部出さずに、とりあえず必要なものを取りだして使っていませんか。

段ボールの中身を全部出さず片付けていくと、ものを把握できないので片付けが中途半端になり、なかなかすっきしません。

せり
せり
片付けてるのに、なかなか片付かないよ~
いち
いち
あちこち手を付けてしまってがたがたになってるかもね

開けていない段ボールがある

開けていない段ボール

開けていない段ボールはありませんか。中には何が入っているのか分からない状態ですと、片付けは進みません。一度確認してみてください。

いち
いち
開かずの段ボールは、要らずの段ボールだったりして

とりあえず収納している

食器棚の皿

洋服や食器を、とりあえずしまっていませんか。

なんだか雑然とした印象になるのは、収納する場所や配置に問題があるせいかもしれません。収納計画をたてて、適材適所の収納を目指しましょう。

 

さて、いかがでしたか?当てはまることはありました?

片付けをうまく進めるには、コツがあります。

しかもたったひとつ!

 

片付けのコツ

片付けを進める

片付けのコツはたったのひとつ!

それは「整理」してから「収納」するということです。

この「整理」と「収納」を順番に行えば、引っ越し後の片付けがスイスイ進みます。しかも散らかりにくいすっきり空間が実現しますよ!

それでは、具体的な整理と収納の手順をお話ししていきます。

整理の手順

山積みの本

整理とは、すべての持ち物を把握し、分類する作業です。

  1. 物を整理する:すべての持ち物を把握し、分類する。
  2. 物を収納する:使う物を使いやすい場所へ収納する。
  3. 物を整頓する:使ったら、元の場所に戻す。

これが、整理の手順です。なんとなく、イメージできましたか。

 

でも、すべての持ち物といわれても、ちょっと怖気づいてしまいますよね。

引っ越し後の片付けは、それこそ家財道具一式ですものね。

そこでおススメなのが、引っ越し後の片付けは、一種類ずつ限定して片付けていくという方法です。

一種類ずつというのは、例えば洋服なら洋服のみ、本なら、本のみといったことです。

では、ここからは、洋服を例にお話しをしていきます。

①洋服が入っているダンボールをすべて集める

洋服の入っている段ボールをすべて集めてください。そしてすべて開けてください。

なぜ、すべて集めて開けるかというと、いちど洋服を片付けた後に、他の段ボールから、また洋服が出てきた!

なんてことになると、片付けをもういちどやり直さなくてはならないからです。

これは、めちゃくちゃ面倒くさいですし、収納計画がたてられません。

そういったロスを減らすためにも、ここはすべて集めて開けてみてくださいね。

 

②必要な洋服と不必要な洋服を分ける

洋服を分ける

洋服をすべて集めたら、次に、必要な洋服と不必要な洋服に分けていきます。

引っ越し前の荷造りのときに、ある程度処分してはいると思いますが、いらない洋服があるかもしれません。ここでもう一度選別しましょう。

選別は次のような基準が分かりやすいです。

一年以内に着た服|一年以上着ていない服

一年

いかがでしょう。時間を基準にすると判断がつきやすいですね。

もちろん、1年以上着ていないといっても、

「いつか着るかも」

「まだ、着るかも」

などと、躊躇するものもあるでしょう。そういった洋服はいったん、また別の段ボールにストックしておいてみてください。

③持ち主別に分ける

家族ごとに分ける

一年以内に着た服を、持ち主別に分けていきます。

ご主人の服|奥様の服|お子様の服

といった具合です。

④用途別に分ける

用途別に分ける

さらに、用途別に分けていきます。

ご主人や奥様なら

ビジネス用|プライベート用

お子様なら

お家用|外出用

などですね。

以上が整理の手順です。

ここまでやると、手持ちの洋服を、かなり把握できるようになります。そうなればしめたもの!

この時点で、片付けの70%は終わったも同然です!

すっきり生活まではもう少し☆

収納の手順

洋服の整理

ここから、すっきり散らかりにくい、収納の手順についてお話ししていきます。

収納はよく使う物から

整理されたクローゼット

収納は、使う物を使いやすくしまうということが大前提です。

洋服の整理をしっかりしてくと、どんな洋服を、どんなときに着るかが明確になっているはず。

普段よく着る洋服を、第一優先で収納していきましょう。

よく着る洋服を、取り出しやすい場所、位置にしまうということを考えてみてください。使い勝手が良いということは、取り出しやすく、しまいやすいということになります。

自然と整理整頓ができるので、散らかりにくくなるというわけです。

収納場所の決め方

洋服を収納する

収納場所は、次の2つの条件にそって決めていきます。

  1. 動線にそって収納場所を決める
  2. 収納スペースに合わせて収納する

普段よく着る服は、どこで着替えますか。どこで着替えたら便利ですか。

 

また、収納スぺースに入るのはどのくらいの量ですか。そもそも収納スペースに入りきらないようでは、片付けようもありません。

収納スペースにあうように、手持ちの洋服の量を適正にすることも大切です。

ここで、洋服の分類をしたときにストックした「まだ着るかも」や「いつか着るかも」という洋服の見直しを再度してみましょう。

収納の配置例

こういったことを考慮した、洋服収納の配置例です。洋服は、必ずしも一か所に収納する必要はありません。

いつ、どんな風に着替えるかで、収納場所を複数設けた方がよい場合もあります。

洋服を配置する場所|動線

使いやすさを考えて収納場所をきめると、散らかりにくく、自然と整頓ができるようになりますよ!

いかがでしょうか。このように「整理」してから「収納」するという順番で片付けをしていくと、きちんと片付くシステムができます。

引っ越し後、片付けないという方は、ぜひ試してみてください。

引越し後の片付けは絶好のチャンス

すっきりした家

引越し後は、物が少ない時期

最後に、「引っ越し後、片付かない!」と嘆いているあなたに、片付けのモチベーションのあがるお話しをひとつ。

実は引っ越し後は、片付けにもっとも適した時期なんです!

なぜなら、引っ越し後は、一生のうちで、いちばん物が少ない時期だから。

きっとあなたも、引っ越し前の荷造りで、ある程度、物を処分してきたはずですよね。

ですから、引っ越し後の片付けは、物がいちばん少ない時期に行えるというわけです。

新居に引っ越したら、「こんなインテリアにしよう」「今度はきれいにしよう」などなど、夢と希望があったはず。

そのための第一歩として行う「片付け」。

物がいちばん少ないこの時期を逃してはもったいないですよ。

さぁ、やっちゃいましょう!