整理収納アドバイザー

福袋を買うべきか?福袋で買うのは”お買い得感”と”○○”

福袋

あけましておめでとうございます!

さぁ、お正月といえば<福袋>

最近は11月くらいから、福袋の予約が開始されていたりしますね。

いまだ、福袋を買うべきか迷っている方もいっらしゃるのでは?

今日は福袋について考えたことをお伝えします。

 

福袋で買うのは”お買い得感”

福袋を買う

福袋を買いたくなるのは、通常だったら50,000円するようなものが、たったの10,000円で買えちゃうということですよね。

これってセールより、めちゃくちゃお得!

そう、福袋って、かなりの”お買得感”を味わうことができるんですよね。

 

福袋の実際の中身は

福袋の中身は何が入っているか

実際に福袋を開けて中身をみるのは、ちょっとしたイベントですよね。

開けるまでのワクワク感はたまりません!

ところが、福袋の全貌が分かると、だんだんと、その気持ちがトーンダウンwww

なんてことはありませんか?

気分が下がる

福袋を開けてみると、実際に入っていたものは…。

「自分の好みとは、ちと違うな。」

「これは使わないかな。」

こうして考えると、自分にとって価値のあったものは、結局10,000円程度になるかもしれません。

まさに中身より”お買い得感”を買ったようなものなんですね。

福袋で買うのは”コミュニケーション”

福袋、買い物は楽しい

こうして考えると、福袋を買っても、中身でそれほど得をするというわけではなさそうです。

でも、わたしは福袋を買うのは、悪いことではないように思います。

そもそも福袋はお正月の<運試し>みたいなところもありますよね。年に一度くらい、商品そのものではなくて、ドキドキ、ワクワク感を味わうのもはいいかも♪

福袋を買いに行くまでの楽しみ。

何が入っているかな〜と家族や友達との会話。

福袋を開けてからの、盛り上がりや盛り下がりトーク。

福袋では、そういった目に見えない”コミニケーション”を買うことできそうですね。

まとめ

福袋を買うときの3つのポイント

以上、福袋を買うべきか?と迷うなら、買ってみるのをオススメします。

福袋をムダな買い物としないため、3つのポイントをお伝えしますね。

<福袋をムダにしない3つのポイント>

福袋は中身より”お買い得感”、”コミュニケーション”を買う物と思うべし。

中身は、ムダにならないように、しっかり使うべし。

自分に必要のない物が入っていたら、早めに家族やお友達とシェアするべし。

福袋はお正月を彩るアイテムのひとつ。存分に楽しみましょう☆

 

 

 


お片付け無料メール講座 配信中です

ご購読はこちらから