上手な片付けの仕方

物が多いというストレスを解消する方法|物を減らす4つの判断基準

物が多いというストレスを解消してすっきり

日々、「物が多い」と感じているストレス。

物が多くて、ごちゃごちゃしている環境にいると、なんとなーく居心地が悪く、モヤモヤとした気分になるものですね。

そんなストレスがだんだん大きくなって、毎日が憂鬱になっていませんか。

物が多いストレスを解消するには、ずばり「物を減らすこと」が解決策。

今日は、物が多いストレスをを解消するために、上手に物を減らす判断基準を4つご紹介します。

ぜひ、あなたに合う基準を見つけて☆

物が多いというストレス

 

ごちゃごちゃしている環境

先日、あるお客様がこんなことを言っていらっしゃいました。

「ごちゃごちゃしている部屋にいると、イラっとするんです!」

確かに、ごちゃごちゃしている環境は、余計な物が視覚的に情報として入ってくるので、それだけで疲れるものです。

また、ごちゃごちゃしている環境では、探し物ばかりしている!なんてこともあるのでは?

物が多いというストレスは、日々の生活を快適に過ごすために、できるだけ取り除きたいですね。

とはいえ、あなたのまわりには、あまりに多い物!(涙)

 

いったい、どうやったら物を上手に減らすことができるのでしょうか。

 

物を減らす4つの判断基準とは

物を減らすための判断基準

上手に物を減らしていくためには、減らすための判断基準を決めましょう。

判断基準は次のようなものが考えられます。

あなたに合ったものから試してみてください!

①好きか嫌いか

物を減らす判断基準「好き」か「きらい」か

ひとつめは、持っている物が、あなたの好みに合っているかどうかという判断基準。

「好き」か、「きらい」かで判断してみては。

例えば、洋服!

何枚もあっても、実際に着る洋服は、結構かぎられていませんか?

それは、まさにあなたが「好き」な洋服を着ているから。

「きらい」というまでいかなくても、「あまり気に入っていない」洋服は、思い切って減らしてみてはいかがでしょう。

きっと、ワードローブも洗練されてくるはず。

もちろん、洋服だけでなく、靴やバッグ、アクセサリー、また文房具や食器なども見直してみて。

数多く持っている物から、試してみると、成果が出やすいですね!

②時間軸

物を減らす判断基準「時間軸」

ふたつめは、時間軸という判断基準。

あなたの身の回りに、もう何年も使っていない物はありませんか。

いつか使うかも、いつか着るかも、と思っているうちに、結局いつかがないまま、現在に至る(汗)

一年間、一度も出番がなかった物は、すぐ使ってみるか、具体的に出番を決めるか考えてみましょう。

それでも、使いそうもない物は、減らしても問題ない物かもしれません。

③必要数

物を減らす判断基準「必要数」タオルは何枚必要か

続いてみっつめは、必要数という判断基準。

これは、日用品などに有効な判断基準です。

たとえば、あなたの家にタオルは何枚ありますか。きっと何枚あるか分からないくらい、たくさんありますよね。

そもそもタオルって、何枚必要なんでしょう。

毎日何枚使う?

洗濯の回数は?

予備の枚数は?

こんな風に、考えてみると、

4人家族でだから4枚。

毎日洗濯するけれど、雨で乾かない日もあるから、もう4枚。

予備に2枚。

 

合計10枚のタオルがあれば、何とかなりそうです。

物の必要数という基準を取り入れてみると、余分な物を持たなくて済むようになります。

ムダな買い物もしなくなりそうですね!

 

④壊れている

物を減らす判断基準「壊れている」切れたネックレス

そしてよっつめは、壊れているという判断基準。

これは、壊れていて物として用をなさない物を減らそうというものです。

回らない扇風機、敗れた洋服、切れたネックレス・・・・。

なぜか、こんな物も捨てずに溜まっていたりしますよね。

修理して使えうことがないなら、積極的に減らしていきましょう!

 

物を減らした分ストレスも減る

物が多いストレスを解消したらすっきり快適に

いかがでしょうか。物を減らすための4つの判断基準。

物が多いというストレスを解消するには、何はともあれ物を減らしていくようにしましょう!

とはいえ、急には難しいこともありますね。

そんなときは、今すぐ減らせる小さな物から減らしてみましょう。

小さな物でも、ひとつずつ減らしていけば、確実に環境は改善されますよ~!